介護士を目指して

介護スタッフの情報が満載!

このサイトではスタッフに関する様々な題材について紹介しています。
まず、派遣介護スタッフに必要な資格はこれといった決まったことはないです。
ただし、持っていたほうが優遇制度として給料がアップしたり、転職に有利になったりします。
持っていないと応募さえない会社もあるので、介護業界での転職をお考えなら必ず取っておきたいものです。
収入に関しては他の仕事よりも高収入です。
それに残業もほぼ無しといった特徴があります。

派遣介護スタッフに必要な資格は?

派遣介護スタッフに必要な資格は? 介護スタッフに必要な資格は基本的にはありませんが勤務先によっては要求されるケースがあります。
なので修得するにこしたことはないです。
介護スタッフの仕事内容についてご紹介します。
派遣先は在宅分野から老人ホームなどの介護施設、そして医療機関と広範囲に渡って広がりをみせています。
その中でも代表の老人ホームでの仕事内容は食事、入浴、排せつなど、身体的な介護はもちろんのこと看護職員とともに入居者の健康管理を行ったり、身体機能の維持、回復をサポートしています。
それに、入居者のご家族様との対応も大事なお仕事の一つです。
また、レクリエーションといった仕事もあります。
高齢者ひとりひとりのレベルに合わせたゲームなどを取り入れながら集団で催しを行います。
このことを取り入れることによって生きがいを感じたり利用者様との距離を縮めることができます。
なので、こういった活動はかなり重要なことだといえます。

介護スタッフの派遣と法律上の資格の有無とは

介護スタッフの派遣と法律上の資格の有無とは 現在の介護保険制度の下では、職員の配置を事業や施設の種類に応じて一定数以上にするなどの基準が設けられています。
これに違反する場合は介護報酬が減額されるなど、経営上のデメリットがきわめて大きくなるため、それぞれの事業所では介護スタッフの確保に神経をとがらせています。
もしも正社員としての雇用が難しい場合には、スポット的に介護スタッフを投入することになるため、このような場合に活躍するのが派遣社員ということになりますが、パートやアルバイトのように事業所が直接雇用するのではなく、派遣会社のほうが雇用する形式になっているところが特徴で、労働者派遣法によってその身分や待遇が保障されます。
介護現場では一般事務や自宅と施設との間の送迎など、資格がなくても働ける職種はいろいろとあります。
そのいっぽうで、利用者の自宅をヘルパーが直接訪問して、食事や入浴、排泄の介助といった身体介護から、料理や清掃、買い物などの家事援助までを行う、いわゆる訪問介護支援のような場合には、少なくとも介護職員初任者研修以上の資格が必要です。
このように形態によっても法律上の位置付けと資格の有無は異なりますので、事前にチェックしておくことは重要です。

介護スタッフ関連情報

介護士 派遣